• SEO

ページタイトルは修正しても大丈夫?メタディスクリプションはどうなの?

ページ=コンテンツをアップしたあとで、タイトルの変更をしたくなることってありませんか。
本来なら変更しなくてもいいように案を練りに練ってタイトル付けするのがベストです。ですが、ときどきは思い通りにいかず変更することも出てきてしまいます。

主な変更理由としては、

  • 検索順位が上位にあるのに、クリック率が低い
  • 内容が伝わりにくいタイトルだった
  • インパクトのないタイトルにしてしまった
  • 誤字が混じっていた
  • ライバルサイトとかぶるようなタイトルだった

こんなところでしょうか。

さて、実際にタイトル修正の作業についてですが、もしも、アップロードして数日経過したばかりとか、数週間以上経過しても検索順位が上位表示されないようでしたら、思い切ってタイトルを変更しても問題ありません。むしろ変更したほうがいいとも言えます。

しかし、そこそこ検索順位が上位にあって、訪問者がいるとなると、注意する必要があります。
タイトル変更を行うことで、大幅に順位変動を起こすからです。
もちろんタイトル修正して、順位に影響があってもあまり気にしないということであれば、思い切って手を加えちゃってください。

わたしにはそんな勇気はありませんが・・・。(笑い)

タイトル修正はここに注意

注意点としては、タイトルの冒頭部分は修正しないほうが無難です。
例えば、「WordPressテーマのセットアップ方法やテーマ活用に役立つ情報」というタイトルがあったとします。
WordPressテーマの部分が冒頭になります。ここは変更せず、さほど問題のない箇所となる後半の「テーマ活用に役立つ情報」あたりです。
修正するとすれば、「WordPressテーマのセットアップ方法と活用情報を徹底解説」のようになりますでしょうか。

メタディスクリプションの修正は大丈夫?

結論からいいますと、メタディスクリプション(meta description)は検索順位に影響を及ぼさないので変更して差し支えありません。というよりも、検索順位が上位にあるのにクリック率が低いならば、積極的に変更すべき箇所になります。

検索順位が上位にあるのにクリック率が低いかどうかを知るには、Googleサーチコンソールで確認できます。関連記事は、Googleサーチコンソールを使って訪問者を増やす方法と上位表示させる手順です。

メタディスクリプション(meta description)とはキーワード検索した時にページタイトルの下に表示される説明文です。
下の画像でいえば、青く囲っている部分です。

メタディスクリプションの説明図

検索した際に、おおかたの人は、タイトルだけでなく、どのような内容が書かれているホームページなのか、メタディスクリプションを読んでいるかと思います。
ですから、SEOに直接関係なくてもここの内容はとても大事な部分ですから、手を抜かずに記載しておくべきでしょう。

以上、「ページタイトルは修正しても大丈夫?メタディスクリプションはどうなの?」でした。
※ Googleはときどきアルゴリズムを変更するため、ここで問題なしと書かれている内容によっても順位等に影響が出る場合があります。そのためタイトル変更は自己責任でお願いします。

関連記事

  1. なぜうちのホームページは集客の役に立っていないのか?のイメージ画像

    なぜうちのホームページは寝たまま活躍していないの?

  2. 背景画像

    ページ(コンテンツ)のURLは日本語表記でもいいの?SEO上はどうなの…

  3. どうして希望のキーワードで検索上位表示されないのかのイメージ画像

    なぜ特定のキーワードで検索上位表示されないの?

  4. Googleサーチコンソールのイメージ画像

    Googleサーチコンソールを使って訪問者を増やす方法と上位表示させる…

  5. どうしてうちのホームページは売上につながらないのかのイメージ画像

    なぜうちのホームページは売上につながらないの?