• SEO

なぜ特定のキーワードで検索上位表示されないの?

どうして希望のキーワードで検索上位表示されないのかのイメージ画像

会社でも個人でもホームページを公開していれば誰しもが多くの方に訪問していただきたいと願います。
その願いはGoogleアドワーズなどの広告など利用すれば上位表示はされますのでかないます。

ですが、クリックされるたびに費用が発生しますから、検索数の多いキーワードで上位表示での広告ともなると月間100万円は優に超えてきます。「毎月100万円くらいの広告費はなんともないよ」という会社ならいいですが・・・。
できるなら広告費を抑えたい、広告費は掛けたくないというのであれば、やはり検索上位を目指すべきかと思います。
そして、たくさんのキーワードが検索上位にあがれば、無料でたくさんの方に訪問してもらえるようになります。しかも24時間365日間訪問者がいるわけですから、売上や集客につながる可能性は高まりますから目指すべきは検索上位表示ではないでしょうか。

それでは、なぜ検索で上位表示されないのか、そして何を基本に行えばいいのかについて解説してみました。

なぜ、上位表示されないのか

希望のキーワードで検索上位表示されないのは、Googleに競合サイトよりも評価されていないからです。
こういってしまうと身もふたもありませんが、各ページ、もしくはホームページ全体の質がGoogleに高いと認められていないのです。すなわちユーザーに評価されない質の低いコンテンツが多いサイトということでもあります。
会社案内や事業の紹介ぺージなどに加えて数ページでは、とても質が高いとは認められません。質が高ければ上位表示されます。ではどのような傾向のサイトが上位表示されているのか、主な点をあげてみました。

  • 独自ドメインを使っている
  • 優先して使うドメイン設定がされている(ドメインの正規化)
  • ドメイン取得からの経過年数が長い
  • ページ全体がひとつのテーマに絞られていて専門性が高い
  • カテゴリーがいくつかに分けられ、それらカテゴリーがホームページタイトルと関連している
  • ホームページタイトルと内容がマッチしているページがたくさんある
  • 各ページに公開日や更新日が記載されている
  • 他のコンテンツにはない独自性あふれるものになっている(自分の体験談など)
  • ページ内に画像などが適度に配置されている
  • 画像には代替テキスト(altタグの説明)が入っている
  • ホームページがクローラーにとって巡回しやすい構造になっている
  • 見出しタグの順序が正しく使われている
  • ページがユーザーに役立つ(ニーズにマッチしている)内容になっている
  • 被リンクされている
  • 意味のある内部テキストリンクがされている
  • サイトマップ ページが用意されている
  • ホームページデザインがパソコン、タブレット、スマートフォンなどあらゆる種類やサイズの仕様になっている
  • 構造化データを用いたパンくずリストが設定されている
  • シンプルなURLを採用している
  • 単語が2つになるURLの場合にはハイフン(-)を用い、アンダースコア(_)は使っていない:例(bluebox →blue-box)

主なものを取り上げましたが、現状において上位表示されていないようでしたら、各項目ごとに確認されてみてはいかがでしょうか。

ところで、検索順位1位と10位ではどくらい訪問者に差があるのかご存知ですか。

検索順位1位と10位では訪問者はだいぶ違う

特定のキーワードに対して検索1ページ目に表示されるのは、1位から10位までしかありません。
同じ1ページ目にあるので10位までにあればよいとも考えがちですが、そうではありません。1位と10位では訪問者数に圧倒的な違いがあるからです。
例えば、月間検索数で1万件あるキーワード。1位なら多ければ月間8,000人の訪問者が想定できます。それに対して10位となるとよくても1,000人、通常はそれ以下です。同じ1ページ目でも1位と10位ではこのような差があります。

そうはいっても検索1位の獲得は、たやすくはいきません。そこで検索結果1ページ目に入るためのSEOの基本的事項について学ぶ方法をご紹介します。

SEOについての知識を得る

SEOとは?
SEOは、「Search Engine Opitimization」の頭文字をとっています。日本語に訳せば「検索エンジン最適化」です。
わかりやすくいってしまえば、キーワード検索において上位表示させるための対策です。
検索エンジンと言ってもGoogle、Yahoo、Bingなどがありますが、Yahooは、Googleの検索エンジンを利用しています。また、世界中の多くの人は、Googleを利用していますので、検索エンジン最適化とは、ほぼGoogleに対して行うことを意味します。
GoogleではSEOスターターガイドと一般的なガイドラインを公表しています。

Google検索エンジン最適化 スターターガイド

Google検索エンジンスターターガイド
このガイドは当初、社内向けに作成したものでしたが、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization:SEO)にまだ馴染みのない方々や、ユーザーと検索エンジンの双方に優しいサイトを構築しようとしているウェブマスターの方々にも役立つのではないかと考え、公開することにしました。
このガイドには、Googleの検索結果で1位になるための秘訣が記載されているわけではありません。しかし、ここに書かれていることを参考にしていただくことで、検索エンジンからクロールされやすく、インデックスされやすいサイトを構築することができます。Google検索エンジン最適化スターターガイド

GoogleのSEOについての一般的なガイドラン

Googleのガイドラインにそってコンテンツを作成すれば上位表示される確率は高くなりますからとても重要なものです。
ガイドラインには3つの項目があります。

  1. Googleが検出しやすいように手助けする
  2. Googleがページを理解できるように手助けする
  3. 訪問者がページを利用しやすいように手助けする

この中の「Googleがページを理解できるように手助けする」のいくつかをご紹介します。

  • 情報が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確にページに記述します。
  • ユーザーがサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードを検討し、そのキーワードを実際にサイトに含めるようにします。
  • <title> タグの要素と alt 属性の説明をわかりやすく正確なものにします。
  • コンセプトに基づいたわかりやすいページ階層となるようにサイトをデザインします。

一般的なガイドライン・Googleがページを理解できるように手助けするより

これらをしっかりと理解して自社サイトに落とし込めば上位表示される確率は高くなります。ただし、順位というのは、Googleにおいては200項目以上の総合ポイントで順位を決めているといわれています。ですので、このポイントの優劣で順位が決まってきますから必ずというわけにはいきません。
また、Googleはペンギンアップデートやパンダアップデートなどのアルゴリズムの変更を時々行います。そのため上位表示されていても突如にして順位を大きく落としてしまうことがあります。このようなことが起こると今度はどうすれば元に戻すことができるのかで悩まされることもでてきます。

ページ全体がひとつのテーマに絞られていれば上位表示されやすい

「ページ全体がひとつのテーマに絞られていて専門的である」とは、抽象度の高いものよりも具体的なタイトルにしてホームページを作っているということです。
例えばですが、「税金」についてのホームページを作成するとします。
税金は、大きく分けると国税と地方税があります。その中には、所得税、消費税、法人税、法人・個人住民税、固定資産税、相続税、自動車税、重量税、などたくさんの税金があります。それぞれの税金についてのページがあり、全体で1,000ページ以上になれば相当の訪問者が見込めます。

しかしながら、カテゴリーばかり多くて中身がスカスカではGoogleには評価されません。そうであるならば、その中からテーマを絞って作成されたほうが上位表示されやすくなります。

上記の例では「相続税」などになります。
カテゴリーとしては、「相続税控除」や「相続税と申告」、「相続税対策」、「相続税用語集」などにします。そうしてそのカテゴリーごとにたくさんのページを作成していけばその分野において専門的なサイトとなりますので、他のホームページよりも上位表示される確率はかなり高くなります。
もしも検討してみてこれでも規模が大きくなるようでしたら、その中のひとつのカテゴリーを選んでホームページを作成します。※ ここでは税金についてのホームページ作成としましたが、これを自分の業種に置き換えてみてください。

まとめ

SEOについての基本的知識はGoogleのスターターガイドやガイドラインを見ることが一番です。
それを忠実に自社のサイトに落とし込めば検索順位は上位表示されやすくなります。

それでも相手もいることなので、より確実に上位表示されるためには、テーマを絞った専門的なホームページにされたほうが結果はよいようです。
器を大きくして中身も充実させればたくさんの訪問者が見込めますが、相当な労力と時間がかかります。そこで、ある程度テーマを絞った適度な器の大きさで作成されたほうが検索上位表示されやすくなるということです。ただしテーマを絞りすぎると数ページしかできませんので注意が必要です。

すでにホームページを公開していても現状訪問者がほとんどいなければ一時閉鎖してでも、上記のような考えのもと再作成されたほうが2~3ヵ月で結果は出ますのでそのほうがよいかと思います。
以上。

関連記事

  1. どうしてうちのホームページは売上につながらないのかのイメージ画像

    なぜうちのホームページは売上につながらないの?

  2. Googleサーチコンソールのイメージ画像

    Googleサーチコンソールを使って訪問者を増やす方法と上位表示させる…

  3. ページタイトルは修正しても大丈夫?メタディスクリプションはどうなの?

  4. なぜうちのホームページは集客の役に立っていないのか?のイメージ画像

    なぜうちのホームページは寝たまま活躍していないの?

  5. 背景画像

    ページ(コンテンツ)のURLは日本語表記でもいいの?SEO上はどうなの…